その1に続いてその2である。
person
高橋がなり(当時:ソフト・オン・デマンド株式会社代表取締役。年商78億)
農業に転身し、国立ファーム有限会社を設立。


「1度失敗して欲しいからお金出す」
AV制作会社経営ということもさることながら、他の虎たちとは投資基準が全く違う異色の虎である。番組内ナレーションではよく天邪鬼と揶揄されていた。「いじめがいがある子にお金を出したい」「不器用だが真面目に生きてるやつが好き」など、ビジネスそのものの成否を最重要視しているわけではないことが伺える。これは過去に自信が2度会社を潰したことがあって、それらの経験があるおかげで今の自分がいるという自負の基づいてのことだろう。ある意味究極のプラス思考の虎。

現在国立ファーム有限会社でかなり苦戦しているようだが、そもそも楽に儲けるつもりで農業に参入したわけではないらしく、本望かもしれない。あるいはただの強がりか。


index
吉川幸枝(当時:株式会社よし川代表取締役、年商50億)
特に変わらず。

「あなたって、とても素敵な人よね」
よし川ビレッジと呼ばれるレストラン街を経営するほか、名古屋市内に複数のレストランを展開している女性の虎。また、大ぶりの宝石を身に付けた姿でテレビメディアに多数出演しており「歩く100億円」と も例えられる。終始物腰柔らかい口調で、志願者の意見を汲み取ろうとする姿勢が見られる。他の社長と喧嘩腰になってしまった志願者をたしなめて落ち着かせ ようとするシーンも。ただやはり、飲食経営をする身として同業種の企画への突っ込みは厳しく、出鱈目なデータや志願者の勉強不足は見逃さない。

時代の流れにもある程度対応しているのか、今も状況は変わらないようである。

0c96951874
貞廣一鑑(当時:株式会社ラヴ代表取締役CEO、年商25億)Jellyfish.株式会社へ社名変更。順調。

「あなたから良い意味での違和感を感じる」

厳しい教育に対するアンチテーゼが強く、「脱・体育会系を目指している」と公言している。基本的にはあまり感情を表に出さないタイプであるが、屋台志願者に対して試食を断るなど、はっきりとした態度をとる事が多い。また志願者の経営スタイルや信念を尊重した上で投資をするというスタンスのため、堀之内九一郎社長小林敬社長などの経営に厳しい社長と、激しく対立することが多かった。収録後も大モメになるほどの事態に発展したこともあるようだ。


社名が変わったものの会社は順調な模様。


p2
南原竜樹(当時:オートトレーディングルフトジャパン株式会社代表取締役、年商55億)

主要仕入れ先である英MGローバーが倒産人材派遣・コンサル等で再建中

「自分で考えて自分で問題見つけてみろよ」
番組内では、「鉄面皮」「冷徹の虎」と揶揄された厳しい虎の一人である。業界のうんちくを長々と語り始めることもあり、ほかの虎が不満そうな顔をしていることが少なくない。そのため川原社長岩井社長などの熱血系虎と口論になることもあり、激化した挙句他の社長にうるさいといわれることも。志願者の経歴、実績等で有能と判断した場合高く評価する傾向がある。業界にまつわる質問をして、答えられないと叩くという意地悪な側面も。

倒産から一気に借金地獄に陥ったようだが、ノウハウとコネを駆使していろんな事業に挑戦し再建中とのこと。



c_0180president_resume
岩井良明(当時:株式会社モノリス代表取締役、年商12億)
株式会社MONOLITH Japanを設立し代表取締役社長就任。同時に株式会社モノリスの社長を退任し、代表取締役会長に就任順調

マネーの虎は当初志願者として応募したが年齢制限で実現せず、逆に虎として出演依頼を受けたといういきさつを持つ熱血系虎その2。塾経営者として子供を教育する立場にあるためか、志願者の夢や目標、信念を聞き出した上で、それらに矛盾があると怒りをむき出しにする。数字に極端にこだわる社長とはそりが合わないらしくよく口論になった。積極的に投資を行い、出資額は出演社長の中で第2位である。

飲食業や芸能事務所も手がけ、東京にも進出し順調な模様。


963

尾崎友俐(株式会社オリエンタルダイニングアンドリゾーツ代表取締役CEO、年商10億)
健在
冷静沈着に他の虎が一通り喋った後に鋭く、しかし柔らかく指摘する様子から、「女・貞廣一鑑」の異名を持つ。激怒するシーンが一度もなく、全体的に優しくアドバイスすることが多かった。試食のある回には高確率で出演し、美味しそうにほおばった挙句、出資を降りる様子は必見である。出演した女性社長の中では、唯一投資したことになる。(吉川幸枝社長が投資したフラワーアレンジメント事業が断念したため)。

会社は今も健在で、出演当時より顔がやせて少し綺麗になったように思える。



かつての虎たちの盛衰は様々であるが、いずれも只者ではないのは確かである。
何億、何十億も借金出来るのにも相応の資格が要るのだから。